神話の里 日本屈指のパワースポット!宮崎県高千穂のおすすめスポット

神話の里 宮崎県高千穂町2大パワースポット

今日は、以前訪れてみて、圧倒された!と感じた、
宮崎県の高千穂のおすすめパワースポットを2か所ほどご紹介しようと
思います。

天岩戸神社

突然ですが、皆さん、「天岩戸神話」ってご存じですか?
太陽の神であったアマテラスオオミカミは、弟神・スサノオノミコトの
粗暴な振る舞いを避けるように洞窟(天岩戸)の中に隠れこもってしまわれました。そのため、世界は暗闇となり、困った八百万(やおよろず)の神々たちは天安河原(あまのやすかわら)に集まり策を練りました。
知恵の神であるオモイカネの妙案に従い、天岩戸の前で芸能の女神ウズメが乱舞すると、衣をはだけさせて舞うその姿に周りの神々たちが騒ぎ立てます。この騒々しさにアマテラスオオミカミが何事かと天岩戸を少し開けて外の様子をうかがったところ、剛力の神タヂカラオノミコトが重たい岩の戸を取り払い、太陽神を連れ出すことに成功。こうして世界は光を取り戻しましたとさ。めでたしめでたし。。。

実は、アマテラスオオミカミ様がこもったとされる洞窟「天岩戸(あまのいわと)、これが地上に実在・現存するとして祭られているのが、宮崎県高千穂町にある「天岩戸神社」です。

まずは「西本宮」から

この神社には「西本宮」と「東本宮」があり、まずは「西本宮」にお参りを。
天岩戸神社の西本宮は、隣接する岩戸川の対岸の断崖にある洞窟「天岩戸」を御神体として祭る神社。この「西本宮」の拝殿は、御神体である「天岩戸(あまのいわと)」を拝む位置に建てられています。そのため拝殿前で通常通りに参拝すれば形式的には天岩戸を拝んだことになりますが、この位置からだと拝殿に遮られているため、実際に天岩戸を目にすることできません。
またここには一般的な神社には欠かせない「本殿」(ご神体を納める最奥の建物)はありません。そのかわり、拝殿奥に天岩戸を直接拝むための「天岩戸遥拝所(あまのいわとようはいじょ)」が設置してあります。天岩戸を直接拝みたい場合には、社務所の窓口で神職の案内をお願いし、由緒についての説明とお祓いを受けて、遥拝所に案内していだたきます。

お祓い後、拝殿横の木戸をくぐり、いよいよご神域に足を踏み入れます。
ただし、ここから先は、写真やビデオ撮影などは一切禁止です。
自分の目でぜひ「天岩戸」を直接確かめてみてください。

そして天安河原 八百万の神々が集まった場所へ

西本宮の裏門から出て、徒歩で岩戸川の畔まで降りると、河原の一角にたどり着きます。ここが、天安河原(あまのやすかわら)。その中心部分に、間口約30メートル、奥行き約25メートルほどの洞窟「仰慕ケ窟(ぎょうぼがいわや)」があります。仰慕ケ窟は、岩戸神話の中で、困った神々たちが天岩戸に隠れたアマテラスオオミカミへの対応を話し合うために集まった地と伝わっています。洞窟の奥には、八百万の神々を祭る社「天安河原宮」があります。

洞窟の中から周辺の河原にかけて、参拝者が積んでいった大小の石積みが所狭しと並んでいました。この何とも言えない独特の雰囲気に背筋がぞくっとなりますが、これらの石積みは参拝者の願掛けの際に積み重ねられたものです。自分も願掛けしながら、小石を集めて積んでみました。

また、この一帯はパワースポットとしても非常に有名です。相当強力なパワーらしく、自分には合わないと感じる方もいるかもしれません。
僕は というと天気も良かったので、そこまで重々しいものは
感じませんでしたが、夜に訪れることはできないなと思いました。
天安河原までの道のりは、坂道や階段を含む滑りやすい遊歩道で、
往復で20~30分ほど。特に復路が登り坂なので、歩きやすい格好で訪れてください。足腰や健康に不安がある場合はさらに慎重に進みましょう。

東本宮へ

次に、少し離れた「東本宮」へ。岩戸川の対岸にある東本宮へは、西本宮正面の駐車場から商店街を抜け、橋を渡って徒歩5分ほど。ここからさらに100段余りの石段を登ります。
静かなたたずまいの雰囲気の良い社です。先に紹介した西本宮は聖地である天岩戸を拝むための社といえますが、東本宮のほうは天岩戸から出たアマテラスオオミカミが最初に鎮座した地とされていて、「天照皇大神(あまてらすすめおおみかみ)」として同神自体を祭っているとのこと。まさに神様の故郷という雰囲気です。佇まいといい、上品な静けさといい、ここがこの「天岩戸神社」の中心なんだと感じられると思います。

高千穂峡

そして高千穂といえば高千穂峡も忘れてはならないスポットです。
この大渓谷の正式名称は「五ヶ瀬川峡谷」。一般的に高千穂峡と呼ばれる観光スポットは、落差17mの「真名井(まない)の滝」から下流にかかる神橋(しんばし)を結ぶ約1.2kmの遊歩道一帯。この遊歩道には「仙人の屏風岩」や「鬼八の大石」など、名所も点在しています。


「鬼八の大石」

ただし、先の熊本地震の影響で、2016年6月4日以降、遊歩道の一部が立ち入り禁止になっていますので、最新情報は一般社団法人 高千穂町観光協会のホームページでご確認を。

まとめ

いかがでしたか?天孫降臨の地とされ、様々な神話の舞台となった場所、
高千穂。他に縁結びでも有名な「高千穂神社」なども訪れてみてもいいかもしれません。コロナ禍が落ち着いたらぜひ。


「高千穂神社」

訪問地DATA

天岩戸神社
〒882-1621 宮崎県西臼杵郡高千穂町岩戸1073番地1
TEL:0982-74-8239 FAX:0982-74-8911

高千穂峡
〒882-1103 宮崎県西臼杵郡高千穂町大字向山