元REIT関連社員が感じた「お金持ち」に共通する感覚

「はーやん 何でも情報局」へようこそ!!

今年は、コロナ禍で、特に生活感が激変した方も多いかと思いますが、
そんな中、ふと「お金持ち」の方々はいったいどういうことを考えたり、
行動したりしているのか、気になりませんか??
というわけで今日は、僕が以前勤めていた、外資系リート専門会社で
出会った、いわゆる「お金持ち・富裕層」と呼ばれる方々に共通する、
4つの習慣・行動・思考についてまとめてみようと思います。

お金持ちの人たちの共通点

「他人からどう思われているか」をほとんど考えない

ある資産家の方に、投資案件をご紹介した際に、お金持ちの方々はとにかく事細かく質問、確認をされる方がほとんどで、「それ、さっき聞かれましたよね?」みたいなことが多々ありました。
それこそ、こっちの都合などお構いなし。気になったら、夜中だろうが、
早朝だろうが、即連絡してこられ、納得いくまで質問と確認を繰り返す方々が非常に多かったことを覚えています。
我々のような凡人は、やたら他人の目を気にしてしまいがちです。
こう言ったら嫌われるかもとか、こんなこと聞いたら呆れられるんじゃないかとか、余計なことを考えてしまいます。しかし、お金持ちの方々は、気になることはトコトン追及するし、しつこいくらい同じことを確認してくる人もいます。でもそれは、自分がきちんと納得しないままお金を動かしたくないのだと思うし、腑に落ちないアイデアや商品は簡単に受け入れないという意味でもあると思えます。
特に資産家の人たちは礼儀をわきまえつつも、聞きたいことをガマンしたり、遠回しに聞いたりすることはまずありません。時は金なり、ということかもしれないですが、とにかくストレートに質問してこられます。明確な答えを求めてくるし、こちらが一瞬でも迷うものなら、それを敏感に感じ取ってより鋭く突っ込んできます。
そこには、見栄やはったりなど存在しない、他人の都合や評判など気にせず、最短で正確な情報や商材を手に入れようとする妥協ない姿勢が見え隠れします。

「お金持ち」はコスト感覚が非常に鋭い

「お金持ち」の方々は、とにかくコスト感覚が鋭くて、何億円とある資産のうちのたった数百円、という見方をする方にお会いしたことはありません。僕なんか、資産家の人と話しているとそんな何億・何十億円とあるのなら数百円なんて誤差じゃないかと思ってしまいますが、そこが一般人とお金持ちの人との差なのかなと思うくらい、みんなコストに対して非常にシビアです。これが、「お金持ちはケチな人が多い」といわれる所以なのかと思いますが、これは誤った見識だと思います。
お金持ちの人たちは自分が有効に活用できていると感じないモノや、納得感のないものにお金をかけること自体を嫌い、それは数百円だろうが1円だろうが多分同じなんだと思います。自分の資産をきちんと守る、自分の資産を自分が納得できることにしか使いたくない、という意識が強いということなんです。このように、「お金を大事にしてきたからこそお金にも大事にしてもらえる」ということを肌で感じたのをよく覚えています。

「お金持ち」になっても金銭感覚や生活水準がほとんど変わらない

とある非常に注目度の高い企業の社長さんと商談していた時、
「いつもおしゃれなスーツを着こなしてらっしゃいますね」とお声をかけた際、その社長さんが「自分のように社長のような要職にある人たちは割とお金の使い方が大胆になりがちで、いろんな人に色眼鏡で見られるし、『あの会社の社長、安いスーツばかり着ているよね。儲かってないのかな』みたいに思われると会社のイメージにも影響しかねないので、身なりにはかなり気を使っている」とおっしゃってました。
確かにそういう配慮も必要なお立場だと思いましたが、と同時に、
それ以外のところでは『もったいない』って言葉をよく使っていたり、安いスーパーやお得情報をご存じだったり、普段の食べ物にはあまりお金をかけていなかったりと、何か行動にメリハリがついているように感じていました。
社長という重責を担っているがための出費は惜しまないけれど、そのほかは金銭感覚が庶民的だなと、ホッとしたことを覚えています。
つまり、収入が上がったからと言って、急に生活水準が上がったり、金銭感覚が狂うことがないというのが「お金持ち」の証なのだと強く感じました。
お金のありがたみやお金は大事にしないといけないという強い信念がないと、やはり「お金持ち」にはなれませんね。

身体を鍛えている人が多い

当時、僕がジム通いを始めようかと思ったきっかけにもなったのですが、
「お金持ち」の方々はとにかく、時間を強引に作ってでも、身体を鍛える
時間を持っている方が多かったと思います。
毎週ゴルフや早朝ジョギング、週5日ジムで筋トレをしていたり、やたらとトレーニングメニューやサプリに詳しい健康オタクみたいな人も多かったように思います。
とにかく身体が資本!と言わんばかりに健康や体を動かすことに気を使ってメンテナンスを怠らない、これらを継続することが大事だと意識しておられる方々が多かったです。
自身で様々なハードル、目標をクリアするには、トレーニングのように心身を鍛えに鍛えていかねばならないという行動自身が、苦境を乗り越え、野望を成し遂げるという結果に結びついているのかもしれません。

おわりに

いかがでしたか?
お金持ちの人たちは意外と見栄を張らない一方で、利益にはシビアな方が多いようです。お金持ちになりたければ、お金持ちの人たちの習慣などを
真似てみることも一つの手です。自分が真似できるところから実践してみてはいかがでしょうか。