ダイエット奮闘記 半年で8キロ体重減 1か月で身に着けるべき5つの習慣①

「はーやん 何でも情報局」へようこそ!

今回は、皆さん気になっている方も多いと思いますが
「ダイエット」ネタを少しお話してみようかと思います。

ダイエット挑戦のきっかけ

何を隠そう、小生も一昨年前に一念発起しダイエットに取り組みました。
当時、飲食関連の会社で仕事をしていたので、店舗での就業の日は
有難いことに「まかない」という、手作りの食事を用意してもらっていました。
これがまた食のプロたちが自分たちで食べたいものを作るので
旨いのなんの。和洋中のジャンル問わず、毎回、いとも簡単に、
「これ、すぐに商品化できるんじゃね?」
と思えるほどの食事が出てくるわけですよ。
「いっただきま~す! わっ!うまっ! これ、ヤバすぎる。。。」
当然、毎回、食べ過ぎちゃうわけで。。。
体重は3キロ増、5キロ増とあっという間に増えていき
ついに、一昨年の健康診断の際に、「メタボの仲間入り警報」が発令されました。
帰宅も遅くなりがちで、それから深夜にコンビニ弁当や外食三昧とくりゃ、そりゃメタボにもなりますよね。
ダイエットのきっかけは、健康診断だったという方もけっこう
いらっしゃると思います。
始めるときには強烈に「痩せたい!!」と思っていても、数日たつと
「食べたい」「今日くらい、まあいいか」等の、弱い自分が顔を出し、
ダイエットへの意欲も薄れていく。。。

きっと誰しもが、一度は経験することだと思います\(^o^)/
小生もその類いだったのですが、今回は、「確実に結果を出す」ために、最初の1か月で自身が気を付けたこと、習慣化したことなどをご紹介。これで「半年で8キロ減」を達成できた方法など、お伝えできればと思います。

実際に試して実感 最初の1か月で身に着けるべきと思う5つの習慣

その1)毎日体重計に乗る

     「ダイエット法じゃないじゃん」と思われる方もいると思いますが、
実は、これを真っ先に習慣化していただきたいです。自分もそれまでの習慣を見直し体重計を購入、今でも毎日チェックしています。
「自身の現在を把握し、日々の結果から目を背けないこと」
自身の体重に向き合うと、結果が出始めれば嬉しいし、
なかなか結果が出ないときには、その原因をとことん追究する。。。
ダイエットへのマインドが強化されていくのがすごく実感できると
思うんです。
これ、とても重要だと、ダイエットしてから気づきました。
なので、まず「毎日体重計に乗る」ことを習慣化していただきたいと思います。

その2)飲み物は水だけにしよう

次にお伝えしたいのは、「飲み物を水だけにする」です。
できれば、ジュースやお茶、アルコール類は全て止めてみてください。
また、一般的に1日2リットル以上は水を飲んでいただきたいですが、
無理な場合には毎日でなくてもいいので、飲み物は水だけにしよう!
ということを意識していただければいいかと思います。

飲み物を水だけにすることによって、身体にたまった老廃物が排出されやすくなります。人間には平均2キロ程度の老廃物が体内にたまっているといわれていて、これらが排出されるだけでも体重は減少します。

老廃物が減ると基礎代謝が上がり、少しづつ「痩せ体質」になっていきます。(今では、寝て起きて体重を計ると、前の日の夜に比べ3~4
キロ減っているなんてこともよくあります)

また、飲むものが水だけなので、他のハイカロリーな飲み物など口にしなくなるので単純に摂取カロリーも減り、どんどんダイエット向きの体質に変化していきます。
「水だけなんて無理」と抵抗ある方もいらっしゃるでしょうが、
とりあえず1か月だけ。。。と思い、続けてみると、
僕もそうであったように、その後は不思議にも水だけで無理なく
過ごせるようになります。

少し長くなったので、続きは「ダイエット奮闘記 半年で8キロ体重減 1か月で身に着けるべき5つの習慣②」でお伝えします!
それでは、また!