ダイエット奮闘記 半年で8キロ体重減 最初の1か月で身に着けるべき5つの習慣

「はーやん 何でも情報局」へようこそ!

今回は、皆さん気になっている方も多いと思いますが
「ダイエット」ネタを少しお話してみようかと思います。

ダイエット挑戦のきっかけ

何を隠そう、小生も一昨年前に一念発起しダイエットに取り組みました。
当時、飲食関連の会社で仕事をしていたので、店舗での就業の日は
有難いことに「まかない」という、手作りの食事を用意してもらっていました。
これがまた食のプロたちが自分たちで食べたいものを作るので
旨いのなんの。和洋中のジャンル問わず、毎回、いとも簡単に、
「これ、すぐに商品化できるんじゃね?」
と思えるほどの食事が出てくるわけですよ。
「いっただきま~す! わっ!うまっ! これ、ヤバすぎる。。。」
当然、毎回、食べ過ぎちゃうわけで。。。
体重は3キロ増、5キロ増とあっという間に増えていき
ついに、一昨年の健康診断の際に、「メタボの仲間入り警報」が発令されました。
帰宅も遅くなりがちで、それから深夜にコンビニ弁当や外食三昧とくりゃ、そりゃメタボにもなりますよね。
ダイエットのきっかけは、健康診断だったという方もけっこう
いらっしゃると思います。
始めるときには強烈に「痩せたい!!」と思っていても、数日たつと
「食べたい」「今日くらい、まあいいか」等の、弱い自分が顔を出し、
ダイエットへの意欲も薄れていく。。。

きっと誰しもが、一度は経験することだと思います\(^o^)/
小生もその類いだったのですが、今回は、「確実に結果を出す」ために、最初の1か月で自身が気を付けたこと、習慣化したことなどをご紹介。これで「半年で8キロ減」を達成できた方法など、お伝えできればと思います。

実際に試して実感 最初の1か月で身に着けるべきと思う5つの習慣

毎日体重計に乗る

     「ダイエット法じゃないじゃん」と思われる方もいると思いますが、
実は、これを真っ先に習慣化していただきたいです。自分もそれまでの習慣を見直し体重計を購入、今でも毎日チェックしています。
「自身の現在を把握し、日々の結果から目を背けないこと」
自身の体重に向き合うと、結果が出始めれば嬉しいし、
なかなか結果が出ないときには、その原因をとことん追究する。。。
ダイエットへのマインドが強化されていくのがすごく実感できると
思うんです。
これ、とても重要だと、ダイエットしてから気づきました。
なので、まず「毎日体重計に乗る」ことを習慣化していただきたいと思います。

飲み物は水だけにしよう

次にお伝えしたいのは、「飲み物を水だけにする」です。
できれば、ジュースやお茶、アルコール類は全て止めてみてください。
また、一般的に1日2リットル以上は水を飲んでいただきたいですが、
無理な場合には毎日でなくてもいいので、飲み物は水だけにしよう!
ということを意識していただければいいかと思います。

飲み物を水だけにすることによって、身体にたまった老廃物が排出されやすくなります。人間には平均2キロ程度の老廃物が体内にたまっているといわれていて、これらが排出されるだけでも体重は減少します。

老廃物が減ると基礎代謝が上がり、少しづつ「痩せ体質」になっていきます。(今では、寝て起きて体重を計ると、前の日の夜に比べ3~4
キロ減っているなんてこともよくあります)

また、飲むものが水だけなので、他のハイカロリーな飲み物など口にしなくなるので単純に摂取カロリーも減り、どんどんダイエット向きの体質に変化していきます。
「水だけなんて無理」と抵抗ある方もいらっしゃるでしょうが、
とりあえず1か月だけ。。。と思い、続けてみると、
僕もそうであったように、その後は不思議にも水だけで無理なく
過ごせるようになります。

低糖質な食事を摂るように心がける

すでに実践している方も多いと思いますが、低糖質な食事を心がけることもダイエットには非常に重要です。
食生活の改善、簡単なところではお米の量を減らし、そのかわりに
肉類や野菜などを多く摂るようにすると取り組みやすいかと思います。
あとは、MEC食(Meat=肉類、Egg=卵類、Cheese=チーズ)を食事に取り入れるということです。
https://hb-web.jp/beauty/p10793/
 
人間の体内では、たんぱく質を分解・エネルギー化するのに、糖分や
脂質は欠かせません。ただし、糖分は太る原因になりやすいので
上手くエネルギー源を糖分から脂質に変換していくのがいいと
様々な文献やサイトをみて、そう考えていました。
当然、脂質の過剰摂取も論外なので、きちんと1日の摂取量を決めてから取り組みました。

とにかく野菜を摂る

ダイエットの食事の定番ともいうべき野菜は、できるだけたくさん
食べることをお勧めします。僕は、ドレッシングなどは使わず、
MCTオイル(中鎖脂肪酸)を、コンビニなどで売っているサラダや
カット野菜などに混ぜて、たっぷり食べることにしていました。
MCTオイルを混ぜると野菜類だけでも十分満腹感が得られ、すごく
助かりました。
「仙台 勝山館 MCTオイル」は無味無臭で、体脂肪にもなりにくく、
非常に重宝しました。
「どうしても野菜がダメ」という方は、市販の野菜ジュースを代用することをお勧めします。その際、フルーツの入っていないものを選んで
飲むようにしましょう。

運動する

筋トレでもランニングでもウォーキングでも何でもいいので、
とにかく身体を動かす習慣も身につけるようにしましょう。

運動するうえで一番手っ取り早いのは、
今のコロナ禍で積極的にお勧めはできないですが、
やはり流行りの「スポーツジム」に入会して身体を動かすように
することかと思います。
でもウォーキングやランニングなども屋外でのソーシャルディスタンスに気を付けながら行えば、十分に効果は得られると思いますので、
ぜひ身体を動かすことも習慣化してみてください。
僕は、ダイエットを心に決めてからいち早くスポーツジムに入会し、
まだ新型コロナウイルス感染などもなかったので
週に3~4日、1時間程度 筋トレなど行いました。
・最初に、エアロバイクで5分間、軽く体を温めるように漕ぐ
・スミスマシンという器具を使って、ベンチプレス・ワイドスクワット・
懸垂などを10回1セットとして3セット行う
・ダンベルを使用し、腕や胸に効きそうな筋トレを3セットずつ行う
・最後に、再度エアロバイクにまたがり、10分間 今度はしっかり
負荷をかけて漕ぐ
若い方にとっては、なんてことないメニューだと思いますが、
自分にとっては、最初はかなりきついメニューでした。
しかし心折れることなくやり続けると、次第に慣れてきて
最初の1か月で、しっかりと結果が出ましたね。
自身を「ここまで来たらやるしかない」環境に置き、それを
折れることなく継続できれば、自然に結果はついてくると
実感しました。気持ちもハレバレしますよ!
コロナ禍が落ち着いてきたら、ぜひ試してみてください。

まとめ

このようなダイエット習慣であれば、比較的無理なく取り組めると
思いますし、精神的なハードルもそこまで高くないと思います。
いきなりハードなダイエットメニューに挑むのではなく、
簡単にトライできそうなことから、「まずは始めてみる」ことが大事です。
これらの習慣化により、引き締まった身体と心を手に入れられるはずです。思い立ったら即実行あるのみです。
まずは最初の1か月で「ダイエット習慣化」を目指してみてください。