ダイエット奮闘記 半年で8キロ痩せた具体的な6つの方法

「はーやん 何でも情報局」へようこそ!

以前、僕自身の実感したダイエット経験の中で
「最初の1か月で身に着けるべきと思う5つのダイエット習慣」
についてお話ししましたが、今回は、その後どうなっていったか
ということについて少し触れていこうと思います。
結論から言うと、半年で8キロ減という結果が出ました。

僕のスペック

痩せる前の、僕のスペックはというと
・身長171㎝
・当時 体重85キロ
・当時52歳 飲食関連会社の管理職
 マーケティング&マネージメントコーチング担当
・運動はまったくしておらず、ゴルフなどもしない
・バツイチ独身 今は一人暮らし 仕事以外は基本自由
・アルコールは飲まない 食事量は人並み
こんな感じですかね。典型的な中年太りのオッサンですな。

ダイエットを決意した理由

なぜ、今回、ダイエットに取り組もうとしたかというと、
昨年の定期健康診断で「メタボ仲間入り警報」が発令されたから。
実は、以前からこういう有難いご指摘は色々伺っていました。
正直、あまり意識していなかったのですが、
ある日の休日、部屋の中で立ち上がろうとしたときに、
足の力だけで立ち上がれず、何かを掴まないと立ち上がれないことが
ありまして。。。正直、かなりショックでした。
体重もさることながら、筋力の衰えのほうが精神的には堪えまして。
これを機に、「よし!やろう」となって、取り組み始めたのがきっかけ
でした。

ダイエットにも必要な心構え・考え方とは

ここで、ダイエットである程度の結果を出すためのスローガンというか、心構えについて少し触れておこうと思います。

本気で痩せたいなら、「無理せず、でも楽はするな」

 

これ、至極当然ですが、もしあなたが本気で痩せたいと強く思うなら
絶対に、楽して痩せようなどと思わないようにしてほしいのです。
今の世の中には、「楽して○○キロ痩せました!」というキャッチ―な
文言をよく目にします。僕もよく釣られそうになりましたが、
そこを辿っていくと、大体の場合、微妙だけどまあまあ高額な
ダイエット向け商材にたどり着きますね。もちろん、中にはきちんと
効果を実証されているものも存在します。
ですが、それらを摂取するだけで痩せられるか?といえば、
そこまで甘くはないです。これ、実際に試したりしてみましたが、
少し体の調子が良くなったような感じがする程度で
やはり効果的だったのは、ちょっと辛いけど、
自身を追い込むような方法が一番効果がありました。それを支えたのは
やはりダイエットへの本気度だったと今更ながらに思います。
本気で痩せたいと思うなら、痩せたいという願望を強烈に持ってほしいと思いますし、その願望がかなえられるまでは、継続して思い続けてほしいと思います。

ダイエットする理由や動機の重要性

今、検索してこのページにたどり着いた皆さんは、少なからず
ダイエットに興味をお持ちの方々だと思います。
では、今、痩せたいのは何故でしょう??
・好きな人に振り向いてもらいたい
・健康的な生活を送りたい
・自分に自信をつけたい・取り戻したい などなど。。。
それぞれ理由、動機などあると思いますが、
ダイエットを始める前に「自分が何故痩せたいのか」ということを
明確にして、常に意識しておいていただきたいのです。
ダイエット中には、よく言われる体重の「停滞期」というものがあります。
一時的に体重が増えてしまうことも多々あります。
自身も体験しましたが、正直、停滞期は心折れそうになりました。
先が見通せなくなる不安というか、少し諦めかけたこともありましたね。
そんな時あきらめずに継続できたのは、やはり、本気で痩せたいという
強い気持ちを持ち続けられたからだと思います。
その強い気持ちを持ち続けるためには、何故痩せたいのかという強い
「理由・動機」を常に意識しておくことがとても重要だと、自らの体験
から思い知りました。今一度、ここで自分が痩せたい理由などを再確認
しておいても損はないので、ぜひ考えてみていただきたいですね。
※03

目標体重をどこにするか

ちなみに、ダイエットするにあたり、ほとんどの方が目標体重を決めて
からトライすると思います。もし、数値目標をお持ちでないなら、
ここで、まず目標体重=ゴールを決めてください。
思い返してみて「自分が一番光り輝いていた時」の体重が何キロだったか とか、よく言われる「標準・適正体重」などが一番わかりやすいかと思います。
~カシオのKe!sanサイト~
https://keisan.casio.jp/exec/system/1161228732

目標は、無理のない範囲で大きく立てたほうがいいという説もありますが、僕は半年で8~10キロ減をまず目標にしました。
それはその当時の体重と適正体重の差が約20キロあり、10キロ減は、ちょうど目標の中間地点にあたります。それで、半年で10キロ減を目標にしようと。
個人差はあるかもしれないですが、半年計画のダイエットならば、理想体重との中間地点を目標にするのがわかりやすくていいかなと思っています。まずは、そこをベンチマークしてトライしてみてください。

※この考え方だと、100キロ前後の方は、理想体重まで気が遠くなる
ような減量を頑張らないといけないと思われるかもしれませんが、
意外にあっさり体重が減り始めると思います。あくまで持論ですが
体重が重たい方ほど、きちんと計画して正しい方法を実践すれば
減量幅は大きくなりやすいと思います。僕も最初の3か月で一気に
5キロほど体重が落ちたのにはびっくりしました。
ただ、無理な目標設定などは禁物です。そこは体調などと相談しながら
決めるといいと思います。

半年で8キロ痩せた具体的な6つの方法

ここから、僕が実際に半年で8キロ痩せたダイエット方法をお伝え
しようと思います。
半年で8キロなんて全然楽勝じゃん とお思いの方もいらっしゃるかと思いますが、ある程度 年食った小生にとっては、かなり厄介な大きな壁でした。また、仕事も不規則かつ時間長めなので、長距離のランニングなどハードなメニューは取り入れていません。今となっては、ちょうど
いいボリュームだったんじゃないかと自負しております笑
では、そのダイエット方法を6つご紹介したいと思います。

1日の食事回数を2回に制限

まず行ったのは、1日の食事回数の制限です。
つまり、空腹の時間を多くして、脂肪をエネルギーに変換しやすい
体質を作ることに取り組みました。これは、昨今の「3食食べて
健康的にダイエット!」などの風潮からは少しずれるかもしれませんが、空腹の状態を多く作ることが必要だと感じ、敢えてトライしました。特に朝は軽い断食状態になっているので、この「痩せやすい状態」
を維持したいと少しストイックに取り組んでいましたね。

低糖質な食事に切り替える~MEC食の効果~

次に取り組んだのは、食事の改善です。
今言われているような、炭水化物を中心とした糖質を減らしていく
改善は誰しも一番に取り組むことだと思います。
ただ、僕が取り入れたのは炭水化物を減らすのと同時に、
MECダイエットという方法です。
MECとは、次の3アイテムの頭文字です。
・M=Meat(肉類)、E=Egg(卵類)、C=Cheese(チーズ)・
この3アイテムを1日の摂取量を決めて摂取しながら、
糖質など摂りすぎないように気を付けるようにしていました。
長々と説明するより、以下のサイトを読んでいただいたほうがわかりやすいので、コピペしておきますね。
https://hb-web.jp/beauty/p10793/

あとは、野菜を摂りまくりました。
ドレッシングは使わず、MCTオイル(中鎖脂肪酸)も少量ずつ試してみたりしながら野菜も並行して食べて、目標体重クリアに向け取り組みました。今でも継続できていて、結果も出ているので
かなりお勧めです。

飲みものを水に変える

定番中の定番ですが、僕も1日2リットルの水を飲むことに
トライしてみました。が、毎日欠かさず水を2リットル飲めていたかというと、できなかった日もあったと思います。
ただ、お茶やジュースを飲まなくなり、今でも水以外は飲まなくなったので、一定のダイエット効果と太りにくい体質に近づいているのだと感じています。

間食はプロテイン

間食はダイエットの大敵ですが、僕は我慢できないときには間食していました。我慢しすぎない方が精神衛生上良いと考えていたので。
とはいっても、板チョコやアイス、フルーツなど甘い固形物は摂取せず、液体プロテインや野菜100%ジュース(フルーツの入っていないもの)など多少甘味を感じられるような液状のものを口にするようにしていました。これ、けっこう満足度高いです。少し余裕のある
くらいがちょうどいいと思いますね。

筋トレする

やはり、筋トレは必須です。基礎代謝を上げるには筋肉量を増やす
必要があります。もちろん、自宅で腹筋や腕立て伏せ、スクワット
など行えば問題ないかと思いますが、
僕は近所に会費の安い24時間営業のトレーニングジムがあったので、
そこに最初の1か月くらいは週5日くらい通っていました。
本格的なトレーニング器具を使用した筋トレは、最初は恐る恐る
トライする感じだったですが、慣れてくると鍛えたい部位にピンポイントで効いてくるのが実感できます。
色々なサイトでトレーニング方法を検索しては試してみて、
今では効果的かつ自身にあったメニューを、週2日くらい1時間
程度行っています。※コロナ感染拡大による中断もありましたが
何とか体重は維持できています。
自宅トレ以外でも効果が出したいとお思いなら、トレーニング
ジムはかなりお勧めです。

毎日体重計に乗る

これは言われなくても実践することと思いますが、毎日体重を計るのはダイエットを行う上で基本中の基本です。
自分の現在値がわからないと、人は頑張らなくなってしまいます。家に体重計がない方は真っ先に買いましょう!
体重計に毎日乗っていると、ダイエットに関する様々な気付きも得られやすいですし、当然、日々少しずつ体重が下がると励みにもなります。
逆に体重が増えた時は、何かが間違っていたこともわかりますし、毎日体重を計らない理由はどこにもありません。
可能なら自分の体重の推移をカレンダーに書いたり、グラフに起こしたりして、楽しみながらダイエットに励みましょう!

おわりに

持論ですが、痩せてくると、まずセルフイメージがよくなり、自分に自信が持てるようになります。周囲の目も評価も変わります。
ただ、ストイック気味のダイエットはあまりお勧めできないというか
大幅なリバウンドの元になりやすいように思うので、今回ご紹介した
方法+アルファくらいのイメージで取り組んでいただけたらと思います。

ダイエットに挑戦しようと思っているけど、あまり無理はしたくない。。。
この体験談をご参照いただき、ぜひ試してみて下さい。